太平洋ソイル株式会社

流動化処理工法(LSS工法)

Liquefied Soil Stabilization Method

NETIS(登録番号 KT-990318-A)試行申請型登録技術



流動化処理工法の概要

流動化処理土は、建設現場で発生した土に、固化材と水を混練し、流動化させた安定処理土です。これを、埋戻し、充填等に使用する工法です。
土工による締固めが難しい狭隘な空間などに、流し込み施工で隙間を充填し、固化後に発揮される強度と高い密度により品質を確保できます。

流動化処理土の特長

  • 高含水比の粘土、シルトを含めほとんどの発生土が利用可能です。
  • 流動性をもち、締固めが不要です。
  • 流動性があるので、狭い空間や形状の複雑な箇所でも埋戻しや充填が可能です。
  • 粘着力が高いため、地震時に液状化しません。
  • 透水性が低く、粘着力が高いことから、地下水の侵食を受けません。
  • 流動性・強度を任意に設定できます。
    固化材や泥水の配合量を調節することにより、用途に応じた流動性と強度(一軸圧縮強さqu=100~10000kN/m2程度まで)に設定できます。
  • 打設後の体積収縮や圧縮が少ない。

流動化処理土の適用例

環境対策工法 流動化処理(LSS) 適用例 地下鉄 シールドの インバート部への利用 イラスト_1
地下鉄シールドのインバート部への利用
環境対策工法 流動化処理(LSS) 適用例 埋設管の埋戻し イラスト_2
埋設管の埋戻し
環境対策工法 流動化処理(LSS) 適用例 共同溝の埋戻し イラスト_3
共同溝の埋戻し
環境対策工法 流動化処理(LSS) 適用例 ケーブルの埋設・埋戻し イラスト_4
ケーブルの埋設・埋戻し
環境対策工法 流動化処理(LSS) 適用例 橋台の埋戻し・裏込め イラスト_5
橋台の埋戻し・裏込め
環境対策工法 流動化処理(LSS) 適用例 建築物の埋戻し イラスト_6
建築物の埋戻し
環境対策工法 流動化処理(LSS) 適用例 軟弱地盤の沈下で生じた建物床下空間の充填 イラスト_7
軟弱地盤の沈下で生じた建物床下空間の充填

主な用途

  • 地下埋設物の埋戻し
  • 地下構造物と地山との狭い空間の埋戻し、充填
  • 構造物の裏込め
  • 建築物床下や道路舗装下等に生じた空洞の充填
  • 廃孔等の複雑な空間の埋戻し、充填
  • 転圧作業の困難な盛土、土構造物の構築
  • 水中盛土工

配合の手順

環境対策工法 流動化処理(LSS)  配合設計 基準図

配合決定の手順を固化材添加量100kgの場合を、例として以下に示す。まず現場の要求品質を打設時のフロー値150~250mm、材齢7日時の一軸圧縮強さ150~300kN/m2とする。この要求品質の範囲を配合設計基準図に線引きする。フロー値150~250mmに対して泥水の湿潤密度が1.595~1.52g/cm3として得られる。次に、一軸圧縮強さ150~300kN/m2に対して、泥水の湿潤密度1.49~1.57g/cm3として得られる。示された範囲の中心値が目的の泥状土の配合となり、主材(原料土)と水、および固化材の量が決まる。製造段階では、この湿潤密度の範囲が1.52~1.57g/cm3に収まれば泥状土として所要の品質が確保される。

プラント配置例(500m3/日)

環境対策工法 流動化処理(LSS) プラント配置例

製造作業のフロー

  1. 前処理(異物等のふるい分け、粉砕)
  2. 解泥および泥水密度の調整
  3. 貯泥
  4. 混練作業
  5. 積出し作業

品質管理

流動化処理土の密度、フロー値、ブリーディング率を測定し、安定した品質を保ちます。
強度はモールドを作成し、一軸圧縮強度試験を行います。

密度測定試験

環境対策工法 流動化処理(LSS) 品質管理 フロー試験
フロー試験
環境対策工法 流動化処理(LSS) 品質管理 ブリーディング
ブリーディング試験

流動化処理土を用いた大口径用水路の埋戻し状況

環境対策工法 流動化処理(LSS) 地盤改良 施工状況

お問合せ